奥祖谷観光周遊モノレールに乗ってきた。

奥祖谷観光周遊モノレールに乗ってきた。

徳島県の山奥に位置し、日本でも有数の秘境として知られる祖谷。
この秘境の地に観光用としては世界最長のモノレールがあるという。

東京から夜行バスで徳島駅へ。
ここからレンタカーで祖谷へ向かう。

祖谷へのアクセスに使われる酷道もとい国道439号。
国道とは思えないクオリティーである。

祖谷の有名な観光スポット、小便小僧像。
展望スポットとしても素晴らしい。

 

祖谷の観光スポットその2、かずら橋。
足元は隙間だらけでスリルがあった。

 

今回の旅のメインイベントである奥祖谷観光周遊モノレール。
590mの高低差を65分かけて往復する。
終了時間ギリギリだったからか待たずに乗ることができた。

 

出発するとすぐに急勾配に差し掛かる。

 

植物の名前や標高が表記されている看板が頻繁に現れる。

 

見える景色は森林のみ!
頂上付近までは目立った展望ポイントはない。

 

30分ほどかけ最高地点へ着くと遠くの山々が見渡せた。
束の間の展望ポイントが終わると、モノレール再び森林の中を下って行く。
下りの途中に鹿を見ることができた。

景色については地味ではあったものの、乗り物としては非常に面白かった。
酷道を頑張って運転してでも行く価値はある。



最後に…
帰りがけに寄った徳島ラーメンの人気店「東大」へ寄った。
四国といえばうどんが有名だけどこっちもおすすめ!